「肉の藤原」は、徳島の阿波牛として唯一「肥育」から「と畜」、「販売」までを一貫して行う一貫体制のもと、安心安全な最高のお肉をお届けしています。



  1. ホーム
  2. 一貫牛について
   
「一貫牛」の冠が与えられるのは
 最高を極めた一部の阿波牛にのみ。

  八十余年の伝統と技術に鍛えられた
「肉の藤原」独自の研ぎ澄まされた目で
  阿波牛のきわみと称される「一貫牛」が生まれるのです。

 「一貫牛」が「阿波牛のきわみ」と呼ばれるのもこのためです。
 「一貫牛」こそ品質本意の
  味にこだわったブランド牛と言えるでしょう。

フルーティと言ってよいほどの
甘みと旨味。

「一貫牛」の特徴は、まずキメ細かな肉質と柔らかさ

艶のある赤身に美しいサシが全体に入り、
脂肪は淡いクリーム色で適度な粘りがあります。
霜降りであるにもかかわらず、その脂にしつこさがなく、
フルーティと言ってよいほどの甘みと旨みが口の中に広がります。

脂の融点が低い!

脂の融点は、普通の輸入肉の融点が31.4度であるのに対し、
19.7度と低いため、舌の上で脂がとろけて、
独特の甘みと風味が味わえるのです。

自然豊かな「徳島県」で育てらた
黒毛和牛の銘柄牛。

■世界が認める黒毛和牛

日本で生まれて日本で育った日本古来の食肉専用種です。
「和牛」として4種類の牛が認定されていますが、その中でも
風味・色合い・おいしさ・やわらかさにおいて
最高峰にランクされるのが「黒毛和牛」です。

200以上ある全国のブランド牛の中には、ホルスタインと黒毛種を
かけあわせた交雑種や、雄を去勢した去勢牛なども多く見受けられますが、
「肉の藤原」が「黒毛和牛」のしかも「雌」にこだわるのは、
トップクラスの味がそこにあるからです。

■阿波牛

平成元年度東京食肉市場での全国肉用牛共励会において、
阿波牛が最優秀賞を獲得しました。以後東京市場での
名声が一躍高まり、銘柄牛としての地位を確立しています。
阿波牛とは次の要件を満たしている牛肉です。

1.徳島県内で飼育された血統明確な黒毛和種
2.(社)日本食肉格付協会の実施する格付けによる
     歩留まり等級がAまたはBであり、かつ、肉質等級4以上のもの

3.生産者の特定がされている
4.流通経路が明確にされている
5.出荷月齢が26ヶ月以上である
6.出荷体重が650kg以上である




 最高品質の和牛を、そして安全性に責任の持てる和牛をお客様に召し上がって頂くために
「肉の藤原」は「肥育」「と畜」「販売」を阿波牛として唯一、一貫して行っています。

吉野川の恩恵を受けて

「一貫牛」の育つ徳島県には四国三郎「吉野川」があります。
「一貫牛」は、吉野川の川面をわたる風を感じ、ミネラルを含んだ
最高の名水を飲み、吉野川が作った肥沃な平野が供給してくれる
良質の飼料とワラを食べて育つのです。
牛を肥育するには、これ以上はないというほどの環境です。

愛情を込めて

一頭一頭の成長に合わせて愛情を込めて育てられます。
性格の合う牛同士を小グループで肥育するので
小グループで兄弟のように仲良くのびのびと育ちます。
このような環境で育つからこそ、
血統による資質が最大に引き出されるのです。

牛一頭一頭の個性にあわせて

元々、牛というのはじつに敏感で繊細な動物です。
特に黒毛和牛は、丹精込めて育てなければ、
良質な牛肉を市場に提供できない難しさがあります。
その黒毛和牛の肥育を多頭数・大規模に行うために、
藤原牧場では、生まれてから出荷されるまで、
その血統から日常の飼育状況餌の配合
給餌量にいたるまで詳細に管理しています。
牛一頭一頭の個性を見抜き、牛それぞれのコンディションや、
成長に合わせて、きめ細かな牛づくりをするという
藤原ファーム独自の肥育スタイルに加えて、労をいとわない牛づくりへの情熱と、長年培われた
経験の融合によって安全で安心な「一貫牛」がつくられるのです。

独自配合の特別な餌

飼料は、牛の育成段階にあわせて
上質の乾燥草を十分に与えています。
また、良質のフレークとうもろこしなどを
藤原ファーム独自の配合で与えています。
その配合は長年の研究と経験から生み出されたものなのです。

肉の状態を見極める

肥育・と畜・販売と一貫体制をとる「肉の藤原」だからこそ、
熟成の具合を見極め、最も柔らかくてバランスの取れた状態
「一貫牛」をお届けすることができるのです。

また、熟成を必要としない新鮮さを求められる部位に対して
どこよりも早く、新鮮な状態で販売できるのも
「と畜」「販売」と一貫体制をとる「肉の藤原」だからこそなのです。

細心の注意を払って

良いお肉でも切り方ひとつでおいしさが異なってきます。
肉を見極める眼力こそが「肉の藤原」の技術であり、
職人の真髄なのです。
当店のお肉は道を極める職人たちが一品一品
細心の注意を払いながら丹念に精肉し、
お客様にお届けしています。

清潔であること

お客様の信頼と支持を得る精肉店の空間が絶対に
備えてなければならない要素、それは徹底的に
「清潔であること」ではないだろうかと考えました。
作業姿が清潔、作業場所が清潔、そして作業する人が清潔と、
店内の全ての要素を「清潔」というキーワードの元に集約しました。





「肉の藤原」直営牧場 藤原ファームは平成24年9月21日に
 消費者に提供する仕組みとして、よりいっそう安心な
「JAS規格認定牛肉」として承認されました。